INSTAGRAM

Instagram

junkosato3

小学4年生の息子と3歳の娘との生活@世田谷区。美味しいもの、子供と楽しめるもの、教育関連の情報が今の関心どころです。 世田谷区内で理科実験&プログラミング教室を開催しています。

投稿107件フォロワー85人86人をフォロー中

Instagram

2018年夏休みの講座で、ハーバリウムに使用したお花の紹介です。


ミリオクラダス(アスパラガスマコーワニー)


スターリンジャー (スターリンジア)

オーストラリア原産の低木で多年草。10cmから1.5m程度に成長する。葉は柔らかく、革のような質感。花はスパイク状。




リンフラワー


ブリーザ(コバンソウ)

アメーバより不思議な物体の授業では、片栗粉を使用してダイラタンシー効果について学習をしました。

ダイラタンシー効果とは、早い運動に対しては個体のように振る舞い、運動を止めると液体のように振る舞う性質のことを言います。

この実験で使用したでんぷんは、じゃがいもからも取り出すことができます。ここではジャガイモからでんぷんを取り出すための方法を説明します。


用意するもの

・ジャガイモ 3〜4個

・フードプロセッサーか、おろし金

・ボウル

・ふきん(不織布)


取り出し方

① ジャガイモをすりおろすか、フードプロセッサーで細かくします。

② 細かくしたジャガイモにかぶるぐらいのお水を入れて、10分以上静かにおいておきます。

③ 別の入れ物にふきん(不織布が良い)をかけて、②のジャガイモとお水をこします。

④ ふきんでジャガイモを包んで、水をしぼりだします

⑤ 5分くらいおいたら静かに上澄みの水を捨てると、でんぷんが残ります。

⑥ お水を捨てるとでんぷんが残るので、ダイラタンシー効果を試してみましょう!